VTuber業界に詳しくなれる!"VTuber事務所"解説ウェビナー開催!《詳しくはこちら》

VTuberはどう稼いでいるのか仕組みを解説!収益化までのステップも!

近年VTuberが注目されるとともにVTuberの人口は急増、VTuber活動を本業として生活をしている方が多くなってきました。
これまで趣味の一つとして捉えられがちだった「配信活動」は、VTuberを含む配信者らの活躍により、職業として挙げられることも少しずつ増えてきたように思います。

本業としてVTuber活動を行なうVTuberも増えている中で、どうやって生活ができるまで稼いでいるのか気になりますよね。この記事を読んでいる方の中にも、将来VTuberの活動一本で生きていきたいと思っている方もいらっしゃると思います。

そこでVTuberはどうやって稼いでいるのか、また配信活動を通してどうやって収益をあげているのかをご紹介します。また収益化までの流れも解説しますので、VTuber活動で稼ぎたいと思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

目次

VTuberが稼げる仕組みと主な収益を得る5つの方法

VTuberとは、生配信を行うデジタルキャラクターのことを指し、バーチャルYouTuberと呼ばれることもあります。主な活動場所はYouTubeで活動内容は主にライブ配信や動画投稿です。

ここ最近はVTuber活動一本で収入を得ている方もいる中で、基本的にVTuberの収益モデルは下記になります。

VTuber収益モデル
  • YouTubeを中心にした配信活動・スパチャなどの収入
  • オリジナルグッズなどの販売による収入
  • 有償ファンクラブ、メンバーシップサービスによる収入
  • PR案件による収入
  • イベント出演による収入

「YouTube パートナープログラム」の条件を満たすことで、スーパーチャットと呼ばれる投げ銭による収益を得ることができます。その他、メンバーシップなどの収益につながるサービスも利用できますので、まずはYouTubeの収益化を目指すことになるでしょう。

しかし最近では、企業がVTuberを活用して販促プロモーションや広報PRを実施することも多くなっており、VTuberが企業から案件を受けて報酬を得るという収益モデルも徐々に確立してきています。

数年前までは、VTuberの収入源は投げ銭・スパチャしかないと思われがちでしたが、VTuber市場の成長に伴ってVTuberが収入を得る選択肢が増えてきています。

VTuberへの企業からのPR案件やイベント出演などの、報酬を伴う活動が増加していることも専業VTuberの道が開かれ始めていることにつながっているでしょう。

▼ VTuberについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【2024年版】今話題のVTuberとは?活動方法や市場の状況も解説! ここ最近注目されている「VTuber業界」「VTuber」という言葉は知っていても、どういった存在なのか知っている人はまだまだ少ないです。 最近までバーチャルの世界で生き...

① YouTubeなどの配信活動による収入

まずはVTuberのメイン活動である「YouTubeでの配信活動による収益」について解説します。基本的にVTuberたちはYouTube上での活動を通して下記の収入を得ています。

YouTubeによる収益
  1. 広告収入
  2. スーパーチャット収入
  3. メンバーシップ収入

⚫︎広告収入

YouTubeで投稿した動画に広告を挿入すると、広告が流れた回数や秒数に応じて、収益を得ることができます。(一定条件をクリアした場合に広告収入を得ることが可能となります)

⚫︎スーパーチャット収入

YouTubeの生配信では視聴者が「スーパーチャット」と呼ばれる投げ銭を投げることが可能です。
スーパーチャットは配信者のメイン収益につながります。

※手数料として約30%が差し引かれます。
(例:1000円のスパチャをもらった場合、700円がVTuberの収入になる)

⚫︎メンバーシップ収入

YouTubeにはメンバーシップ機能があり、視聴者が配信者を継続的にサポートできるシステムになっています。視聴者は毎月定額でお金を支払うことで、メンバーシップに加入者だけが入手できる特典を受け取ることができます。視聴者がメンバーシップ加入の際に支払ったお金は、配信者の収益になります。

※手数料として30%ほどが差し引かれた分が、VTuberに支払われます。
※比率の目安は、YouTube:YouTuber=3:7とされています。

▼メンバーシップについて
https://www.youtube.com/intl/ja/join

② ファンクラブによる収入

VTuberはファンクラブを作っている場合があります。ファンは月もしくは年単位で定額料金を支払い、VTuberのファンクラブに加入します。

ファンクラブ加入者だけが見られる、限定コンテンツや特典を得られるのが大きなメリットで、YouTubeの収益化や自身の影響力に関わらず始められることも、多くのVTuberが利用する理由の一つになっています。

有名なサービスとしては「pixivFANBOX」と呼ばれるファンクラブサービスが展開されており、個人で活動しているVTuberもファンクラブを簡単に作ることができるようになりました。

▼pixivFANBOXについて
https://www.fanbox.cc/

③ オリジナルグッズ販売による収入

VTuberは自身のオリジナルグッズをファンに向けて販売することが多いです。

個人で活動しているVTuberの場合は、自分だけでグッズ制作と販売を行うパターンと企業に受託するパターンがあります。自身で制作・販売を行う場合は、グッズデザインの制作やグッズの発注、販売、発送までの全ての工程を自分だけで行います。

一方で企業に受託する場合は、製造・販売の全工程を企業がサポートしてくれたり、費用を抑えてオリジナルグッズの製造ができたりします。ただし、グッズ販売により発生した利益は企業と分ける形になります。

事務所に所属しているVTuberの場合は、事務所側がグッズ制作・販売までを全てサポートしてくれることが多いです。
ただ事務所に所属する場合、自分自身がオリジナルグッズを販売したいと思っても、事務所の方針でそれが叶わない可能性があったり、グッズ販売で得た収益がどうなるかは事務所の方針で変わってきます。

また最近はオリジナルのデジタルグッズの販売もよく実施されています。デジタルグッズはグッズ制作の難易度が比較的低く、グッズの配送コストを削減して、国内だけでなく海外に向けても販売を行うことができるため、グッズ制作が初めての方にも挑戦しやすくなっています。

④ PR案件による収入

企業から依頼される案件を受けることで収入を得ることができます。
ここ最近企業や自治体のVTuber活用が増加しているため、VTuber向けの案件の数は増えてきてはいますが、誰でも案件を受けることができるわけではありません。

依頼者側の企業や自治体はチャンネル登録者数やXのフォロワー数、タレントのキャラクター性を考慮して、VTuberに案件を依頼をします。よって、案件で稼いでいきたいと思っている方は、タレントとしての影響力や多くのリスナー・ファンをつけることが重要になってきます。

▼ VTuberの案件について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
VTuberの”お仕事”って何?V向けの企業案件を紹介!【2023年11月ver.】 VTuberの活動の一つである「企業案件」が、業界の盛り上がりとともに続々と増えてきました。最近はテレビ・雑誌などの各種メディアや音楽イベント、トークイベントなど...

⑤ イベント出演による収入

VTuberがイベント出演の依頼が来た場合、出演費としてVTuberは依頼者から収入を得ることができます。イベントはトークイベントからライブイベントまでとさまざまな種類があり、イベントごとに出演費も変動してきます。

ただイベント出演による収入に関しては、「④ PR案件による収入」と同様に誰でも受けられるわけではないので、多くの方がイベント出演で収益を得ているわけではありません。

VTuberは実際どれくらい稼いでいるのか?

ここまでVTuberが稼ぐ方法について解説しましたが、実際にVTuberたちはどれくらい収入を得ているのでしょうか。ここでは事務所に所属している「事務所勢」VTuberと個人で活動している「個人勢」VTuberに分けてご紹介させていただきます。

事務所勢

まずはVTuber事務所に所属するVTuberがどれくらい稼いでいるのかについてご紹介させていただきます。
下記の動画はホロライブプロダクションに所属する「大空スバル」さんの生配信の動画になっており、事務所勢の給料事業について話しています。

こちらの動画では具体的な金額は出ていませんが、タクシーでの移動ができたり、Uber Eatsを注文できたり、貯金ができたりと生活を行う上で十分はお金を稼いでいることがわかります。

事務所に所属する場合は、活動を通して得た収益は基本的に事務所が管理する形になります。よって、活動で得た収益を全て受け取ることは難しく、活動を通して入ってきた収入は事務所と分ける形になります。

事務所勢の給料事情について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
VTuber事務所について徹底解説!所属方法から事務所メリット総まとめ VTuber事務所に入ろうと思って色々調べているけど、事務所の数が多くて結局どこに入ればいいのか迷っていませんか?現在事務所を探している方は、VTuberになるために事...

個人勢

次に事務所に所属せずに個人で活動する個人勢のVTuberがどれくらい稼いでいるのかについてご紹介させていただきます。下記の動画は個人勢VTuberの収入について解説しています。

動画よりYouTubeのチャンネル登録者数が1万人〜5万人のVTuberの収入は、おおよそ月々30万円〜50万円で稼いでいることがわかります。

個人勢で活動しているVTuberは、活動を通して得た収益を全て受け取ることが可能です(※手数料分は除く)。よって、広告収入やスーパーチャットの収入などが全てそのまま入ってくる形になります。

ただ活動にかかる費用は自分自身で負担するため、収益は高くとも経費がかさむ場合があります。

収益化までのステップ

では、次にVTuber活動で収益を得るまでのステップについて解説します。基本的にVTuberは下記のステップで収入を得られるようになります。

収益化までのステップ

① VTuber活動開始
② YouTubeチャンネル収益化
③ 企業案件を獲得

① VTuber活動開始

VTuberとして活動を始めないと収益を得ることはできません。
VTuber活動の開始は一見簡単そうに見えますが、活動を始めるための準備にかなり時間がかかってきます。
またある程度VTuber活動について詳しくないと、準備をスムーズに行うことは難しくなってくるでしょう。

②YouTubeチャンネル収益化

VTuber活動を始めたからといって、配信活動を行うことですぐに収益を得ることは非常に難しいです。収益化するには「YouTubeチャンネル登録者数が1,000人以上で、直近の12か月間で再生時間が4,000時間に達すること」が必須の条件になります。

よって、まずはVTuberとして収益化の条件を達成する必要があります。

③ 企業案件を獲得

企業案件の依頼は誰にでもやってくるわけではありません。YouTubeのチャンネル登録者数やXのフォロワー数、活動実績を見て、企業はVTuberに依頼を行います。よって、企業案件を受けるためには配信者としての数字や実績を積む必要があります。

このようにVTuberはデビューしてからすぐに収入を得られるわけではありません。よって、収益化するまでめげずに活動を続けていく忍耐力や継続力が必要になってきます。

初期費用はどれくらいかかるのか?

では、収益化の第一ステップとしてVTuber活動を始めるまでにやらなくてはいけないことや必要になる初期費用について解説します。

VTuber活動開始までの準備

①キャラクターデザイン制作
②配信機材の準備
③配信に使用する素材(サムネ画像・背景・配信画面など)の制作
④SNS発信用のイラスト・ロゴ、宣伝画像などの制作

①キャラクターデザイン制作

VTuber活動を行う上でキャラクターデザインは必ず必要です。キャラクターデザインは今後ずっと使い続けていくものであり、自身の個性を表現する重要な要素です。

キャラクターデザイン制作は絵師さん(イラストレーター)に依頼をします。
キャラクターデザインの依頼費用は、依頼する絵師さんやキャラクターのデザイン次第で変わります。費用の幅はイラストのこだわりで振れ幅が広く、おおよそ3万円〜50万円ほどかかってきます。

またキャラクターのイラストを配信上で使用するには、「モデリング」の行程が必要です。

モデリング:キャラクターデザインを2Dや3Dで動くようにすること

「モデリング」を行う際はモデラーに依頼を行い、モデリングを行うことで配信上でキャラクターを動かすことが可能です。モデリングも依頼するモデラーさんや依頼内容によって異なりますが、おおよそ3万円〜50万円ほどかかってきます。

②配信機材の準備

次にキャラクターを動かすために機材を準備しましょう。

VTuber活動に必要な機材

・コンピュータ
・マイク 
・Webカメラ
・配信ソフト
・トラッキングアプリ

VTuberが配信を行う際は中の人の動きに合わせて画面上でキャラクターが動きます。中の人の動きをキャプチャーするカメラやトラッキングアプリが必要になります。

中の人:VTuberの活動を行っている存在

また声を高音質で流すためにマイクや配信を行うためのソフトの準備も必要です。とくに使用するコンピューター(パソコン)は重要で、一定のスペックがあるコンピューターを使用する必要があります。

必要最低限の機材を準備する上でも、機材準備におおよそ30万円〜100万円ほどかかってきます。

③配信に使用する素材(サムネ画像・背景・配信画面など)の制作

次に必要になってくるのが配信を行う上での配信上で使用する素材の制作。

絶対にこだわらないと活動ができないということではありませんが、最低限背景のクリエイティブだけでも用意しておいた方が良いでしょう。

画像引用:https://usanekomemory.com

VTuberによってこだわり具合は異なりますが、多くのVTuberはさまざまなクリエイティブな素材を使用して配信画面を豪華に飾ります。

配信上で使用できる素材が無料で配布されていたり、低価格で素材を販売しているサービスがあるので、そちらで素材を入手すれば費用を抑えて配信準備を行うことが可能です。

配信素材販売サービス「うさねこメモリー」

画像引用:https://usanekomemory.com

Memorynator株式会社が運営する「うさねこメモリー」は、VTuber・Vライバーのための配信素材販売サービスです。本サービスは、VTuber活動に必須となるキャラクターモデルや配信素材などを販売しています。

▼うさねこメモリー公式サイト
https://usanekomemory.com

また配信素材のセット売りも実施されており、そちらをご購入することで配信素材が一式揃います。

毎月定額料金を支払うことで配信素材が使い放題になるサービスも展開されているため、もし色々な素材を使っていきたい方や試してみたい方は定額サービスを利用してみたも良いかもしれません。

▼Vtem
https://usanekomemory.com

④SNS発信用のイラスト・ロゴ、宣伝画像などの制作

最後にXやSNSで発信を行う際に必要なイラスト・ロゴ、宣伝画像などの準備も必要です。必須ということではありませんが、デビュー前やデビュー直後はファンを増やすためにX上での発信も積極的に行う必要があります。

現在VTuberの人口は三万人を超えていると言われており、毎月たくさんのVTuberがデビューします。よって、X上でただ投稿するだけでは、目を引くような発信を行うことができません。そこで自分に興味を持ってもらえるような、魅力的なクリエイティブを使用して発信していく必要があります。

一枚絵を制作することが多いのですが、この場合イラストレーターに制作を依頼する場合ががほとんどです。キャラクターデザインと同様に依頼するイラストレーターさんや依頼内容次第で費用は変わります。
一般的な相場だと、一枚絵であればおおよそ3万円〜10万円ほどで制作することが可能です。

▼ VTuber活動の準備について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
誰でもVTuberになれる方法を徹底解説!必要な配信機材もご紹介! VTuberとして活動したいけど、活動の始め方が全くわからず、「私はVTuberになれない...」とVTuberになることを諦めている方はいませんか? VTuberになりたいという気持...

“Vライバー”はVTuberよりも収益化が簡単.. !?

VTuber活動の収益化について、また活動を始めて収益化するまでにかかってくる費用についてご紹介しました。VTuberになるには準備するものが多くあるため初期費用が高額になりやすく、収益化までに少し時間がかかってしまう可能性があります。

そんな中で、お金は稼ぎたいけど初期費用をそんなにも用意できない方や、収益化するまでに活動を続けられるか不安な方におすすめなのが「Vライバー」です。

VライバーはVTuberと同様にキャラクターの姿で生配信をメインに活動していますが、活動場所が配信アプリ上になります。

Vライバーとして稼ぐ方法は、主に配信アプリ上での投げ銭になります。よって、視聴者が投げる投げ銭が主な収入源になり、YouTubeの収益化条件よりも申請のハードルは高くありません。
そのおかげで、多くのファンを掴むことができれば、収益を得やすいメリットがあります。中には毎月かなりの額を稼いでいる方もいらっしゃいます。

Vライバーとは異なりますが、ライブ配信業界の中では、半年弱で累計約1億円も投げ銭された方がいらっしゃいます。

【PR】「IRIAM」ならキャラクターイラスト1枚でデビューできる

画像引用:https://www.live.iriam.com/

また「IRIAM」であれば、イラストとスマホがあれば、配信を行うことが可能です。
そのためVTuberよりも初期費用をぐっと抑えて活動を始められるうえ、こだわったキャラクターデザインを依頼することに費用をかけるという方法もあります。、魅力的なキャラクターイラストで配信デビューすれば、すぐに収益を得られるチャンスもあるでしょう。

もし初期費用を用意するのが難しい方や収益化するまで活動を続けられるか不安な方は、ぜひ「Vライバー」としての活動も視野に入れてみてください。

▼iOSの方はこちら

IRIAM iOS

▼Androidの方はこちら

IRIAM Android

(提供:株式会社IRIAM)

収益化へは地道な努力が必要!根気強く活動を続けましょう!

今回はVTuberで稼ぐ方法と収益化までの流れについて解説しました。

最近のVTuber市場の伸び率や世界投げ銭ランキングの額を見て「VTuber」は稼いでいると思っている方も多いと思います。しかし収益化までにはとさまざまな条件をクリアする必要があります。

よって、人によっては活動を開始しても、なかなかVTuber活動を通して収入を得られないという方もいらっしゃいます。収益化に向けて根気強く活動を続ける必要があります。

一方でバーチャルアバターを使った配信活動がしたいなら「Vライバー」という選択肢もあります。Vライバーは初期費用がVTuberを始めるよりも抑えめで、アプリにもよりますがすぐに収益化を行うことができます。

もしお金を稼ぐために「VTuber」を始めたいと思っている方は、「Vライバー」として活動していくことも検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア歓迎!一人でも多くのVTuberへ情報を届けよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

VTuber活用・キャスティングは「株式会社uyet」にご相談ください!

「株式会社uyet」は、V市場に特化した事業支援、事業創造を行う専門企業。
業界情報、技術、トレンド、コンテンツなどの移り変わりが激しいV業界の最新情報を捉え業界にフィットする形でプロジェクトを推進していくV業界特化の専門集団です。

↓VTuber業界の最前線で活動しています!↓

目次