VTuberに詳しくなれる!企業・自治体向け無料ウェビナー定期開催中!《詳しくはこちら》

【2024年版】今話題のVTuberとは?活動方法や市場の状況も解説!

ここ最近注目されている「VTuber業界」
「VTuber」という言葉は知っていても、どういった存在なのか知っている人はまだまだ少ないです。

最近までバーチャルの世界で生きていたVTuberですが、今ではリアルの世界でも活躍をしており、私生活でVTuberを見かける機会というのは多くなってきたのではないかなと思います。

ただ「VTuber」についてネット上で調べてみても、難しい情報ばかりがたくさん出てきてしまい、「VTuber」についてうまく理解できず諦めてしまったという方も多いと思います。

弊社ではこれまで2000人以上のVTuberさんと一緒にお仕事をさせていただきました。お仕事を行う中で知り得た知見を活かして、今回は「VTuber」を知る上で最低限知っておきたい基本情報についてわかりやすく解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

今話題の「VTuber(バーチャルYouTuber)」とは

「VTuber」はどのようなことをしている存在なのか、よくわからない方も多いと思います。

「VTuber(バーチャルYouTuber)」の定義ははっきりと定められているわけではありません。
多くの場合「YouTubeやTwitchをはじめとした配信プラットフォームで配信活動するデジタルキャラクター」と表現されることが多いです。

VTuberは基本的に「YouTube」上で活動をすることが多く、他にもTwitchSHOWROOMで活動を行っている方や、最近はTikTokで活動している方もいます。またどんなキャラクターデザインやキャラクターコンセプトで活動をするかはVTuber各々で異なります。

最近は3D技術を使って配信を行うVTuberが急増したり、AITuberが誕生したりと、時代の流れと共に最新の技術を駆使して活動を行っているVTuberが多くなってきています。

AITuber:AI技術を駆使して活動を行っているVTuberのことを指す。

VTuberとVライバーの違い

VTuberと似た存在として「Vライバー」との比較がよくあげられます。
かつては、Vライバーはライブ配信が主体で、VTuberはYouTubeでの動画投稿が中心と説明されることが多かったです。
しかし、現在はVTuberとしてデビューしてもTwitchなど、YouTube以外のプラトフォームでの活動も一般的となり、線引きは曖昧になりつつあります。

VTuberは「virtual YouTuber」の略称。
YouTubeを主体に活動するバーチャルアバターを利用したYouTuber。

Vライバーは「virtual liver」の略称。
配信アプリ・サービスを中心に活動するバーチャルアバターを利用したパフォーマー・ライバーのこと。

しかし、Vライバーはアバターを動かす環境が、対象の配信アプリケーションに依存している場合があります。VTuberのように複数のプラットフォームでの活動が難しい方も中にはおられます。

PR・広報担当や幅広い媒体で活動したい場合は、プラットフォームの制約を受けにくいVTuberとしての活動を検討するのがオススメです。

▼VTuberとVライバーの違い

VTuberVライバー
配信プラットフォームYouTubeが中心
複数のプラットフォームで広く活動
Twitch、イリアムなどの
ライブ配信アプリ・プラットフォーム
顔出しの有無なしなし
収益の出し方・YouTubeのスーパーチャット
・有料のコミュニテイサービス利用
・その他プラットフォームの投げ銭 など
・配信アプリ・プラットフォームの投げ銭
・有料のコミュニテイサービス利用 など
始めやすさモデル制作、配信環境をつくるなど、
準備はやや大変
アバターを簡単に作れるアプリや
スマホアプリを使えば早く始めやすい

VTuberの収益・稼ぐ方法:スーパーチャットや有料ファンコミュニティなど

VTuberの主な収益源は「YouTubeパートナープログラム」に参加して、自分のチャンネルを収益化することです。スパチャの投げ銭がメイン収益を捉えられがちですが、収益化ができたチャンネルは動画投稿やショート動画などさまざまなところで広告収入を得ることができます。

  • 動画の再生数や再生時間によって得られる広告収入
  • 「スーパーチャット」と呼ばれる投げ銭での収入
  • メンバーシップによる会員費の収益(有料にする場合、配信者が手数料を支払う必要あり)

※参照:
YouTube で収益を得るには

YouTube以外の収入源の確保もとても大切です。
例えばグッズ・音声の販売、Fantia(ファンティア)やpixivFANBOX(ピクシブファンボックス)などをはじめとした、有償のファンクラブ会員費などがあげられます。企業案件などの仕事として配信や活動を行った報酬も収入源といえます。

VTuber以外の収入源
  • グッズ、voice、ビジュアルカードなどの物販販売の収益
  • 有料の会員限定コミュニティの会費収入
  • 企業案件、PRなどの仕事としての活動による報酬
  • そのほか、YouTube以外のアプリや配信プラットフォームでの収益

VTuberで安定的な収入を得るには大変ですが、収入を得る方法自体は複数あります。
まずはYouTubeの収益化条件をクリアし、チャンネルを収益化することから始めていきましょう。すぐに収益が得られる訳ではありませんから、早く活動を始めることをオススメします。

「VTuber」が動く仕組みを解説!

VTuberはただキャラクターのイラストを用意するだけでは活動はできず、さまざまな技術や機材を使うことで配信プラットフォームで活動が可能です。

さらに詳しく説明をすると、画面上で動くように加工(モデリング)されたデジタルキャラクターを画面上に映しながら、カメラとトラッキングソフトを使用して、「中の人(VTuberの活動を行っている存在)」の表情の変化や体の動きをキャプチャ。モデルにマッピングして、動きをリアルタイムでデジタルキャラクターに反映させるといった仕組みになっています。

またVTuberには「中の人(=VTuberの活動を行っている存在)」が必ず存在しており、画面上に映るVTuberを動かすためには「中の人」が何か動きを取ることが必要です。よって、VTuberは「中の人」の存在は必要不可欠となってきます。
(※「AITuber」は中の人がいなくてもデジタルキャラクターを動かすことができるため、「中の人」は必要ありません)

画面上のデジタルキャラクターを動かすためにさまざまな技術が駆使されているのですが、この技術を駆使することで中の人の繊細な動きまで再現することができます。そのため視聴者側はディスプレイ上のキャラクターを見ているにも関わらず、立体感や臨場感のある配信を楽しむことが可能です。

「VTuber」の主な活動内容

主にYouTube上で活動を行うVTuberの活動は「生配信」のイメージが非常に強いと思います。ですが、VTuberとしての活動は「配信活動」以外にも存在しており、主に「動画投稿」や「Twitterでの発信活動」や「企業案件」が挙げられます。

そこで今回はVTuberが普段行っている活動内容について一つ一つ紹介します。

□ 配信活動

まずVTuber活動のメインとなる「配信活動」についてご紹介します。

VTuberの「配信活動」は、主にYouTube上で行われますが、他にも「Twitch」や「SHOWROOM」などの配信プラットフォームで活動するVTuberもいます。
また配信活動の場所は1つに限定せずに、「YouTube」をメインの活動拠点にしながら、「REALITY」や「MixChannel」などの配信プラットフォームを併用し、活動を行っているVTuberもいます。

次にVTuberがよく行なっている配信ジャンルについて紹介します。

① 雑談配信

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア歓迎!一人でも多くのVTuberへ情報を届けよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

VTuber活用・キャスティングは「株式会社uyet」にご相談ください!

「株式会社uyet」は、V市場に特化した事業支援、事業創造を行う専門企業。
業界情報、技術、トレンド、コンテンツなどの移り変わりが激しいV業界の最新情報を捉え業界にフィットする形でプロジェクトを推進していくV業界特化の専門集団です。

↓VTuber業界の最前線で活動しています!↓

目次