メタバース×VTuberがテーマの無料ウェビナーを5月29日19:00〜開催!《詳しくはこちら》

【企業PR・活用事例から学ぶ】失敗しない”VTuber キャスティング”を徹底解説!

VTuberを起用した企画やニュース、イベント情報がここ数年でかなり取り上げられる様になりました。

VTuber業界が伸びていることに加え、大手事務所のプロモーション範囲の拡大やVTuberの世間に対する認知が上がっていることも後押しになっているでしょう。

  • VTuberをキャスティングして自社の商品やサービスをバズらせたい
  • 地域の魅力を伝えるPR企画を立ててもっと多くの人に知ってもらいたい
  • VTuber活用を自分の業界でいち早く始めて、競合と差をつけたい

この記事では、uyetの事例や経験を元にVTuberのキャスティングについて詳しく解説します。

なぜVTuberを起用した企画は多くの話題を呼ぶのか、VTuberとつながりがない状態からどのように自社にピッタリのキャスティングをしてもらえるのか、多くの疑問にお答えします。

目次

広報でコラボするVTuberを探す「VTuberのキャスティング」とは

VTuberをキャスティングしてもらおうと思っても、VTuber業界やVTuberについてまだ良くわからない状態という方も少なくないはず。

uyetの考えるVTuberのキャスティングとは、

VTuberとあなたの事業や商品をかけ合わせ、新しい価値を生み出す企画をつくること

です。

VTuberだけでできる企画には限りがあります。
そこに魅力的な商品やサービス、VTuberの持っていないものをかけ合わせた企画を立てることで、話題性があり、お互いの魅力を多くの人に広める活動を行うことができます。

そんな理想的なことができる大きな理由は、VTuber業界が市場確立からまだ数年しか経っていないことでまだまだ成長が見込まれる若い市場であることが一つ。そして多くの人とお金が集まり、日本に限らず世界的でも注目を集めている市場だからです。

uyetのキャスティングについて知りたい方はこちらへ

●VTuber業界は2020年から毎年大きく成長している

VTuber事務所を中心とした売上から算出された事業売上のデータを参照すると、VTuberが市場として認識され始め、感染症などの影響による巣ごもり需要も高まったことから毎年大きな売上成長が起きていることがわかります。

●年代・性別ごとのデータでは20代〜30代を中心に多くの人がYouTubeを視聴している

次に年代・性別ごとの動画配信サービスの分析データを参照します。
個別で出されているVTuberジャンルだけを見ると、数字が少ないように見えるかもしれませんが、VTuberの活動は歌ってみたやゲーム配信実況など、活動の範囲は多岐に渡ります。

若い世代が注目して見ている動画ジャンルにVTuberの活動範囲は広く被っており、若い世代へのアプローチとして効果的なことがわかります。

●同時にキャラクタービジネス市場も上昇傾向

さらにキャラクタービジネス市場の規模も上昇傾向に。
近年VTuberを起用したグッズ展開やイメージキャラクター、広報の看板として起用される事例が大変増えています。

上記のデータでは、VTuberの起用は商品化権・版権の双方に関わっています。
VTuber業界自体の盛り上がりと合わせて、今後も安定した市場成長が期待される業界との親和性が高いことも、今後継続した成長が見込まれる理由の一つです。

1.企画・目的に対してVTuberを巻き込んだ販促・PR企画を支援

VTuberの主な活動領域となるYouTubeを始めとした動画配信やSNSのプラットフォームは、若い世代を中心に利用者数が多く、人とお金の両方が集まっている市場です。

VTuberを巻き込んだ販促やPR企画を作ることで、これまでの活動ではリーチできなかった層に商品・サービスの情報を届ける事ができます。

新しい層にリーチができれば新規顧客の獲得にもつながり、企画の実施期間が終わっても長くファンでいてもらえる可能性もあります。商品やサービスに対する改善点や、新しい需要も発見できるかもしれません。

人が多く集まる・注目を浴びている市場で活動しているVTuberを巻き込むことで、自然とより多くの人にプロモーションができるのはVTuber業界の大きなメリット。

企画の計画を立てて一連の活動を支援することが、VTuberのキャスティングには求められています。

2.VTuber活用で成果が見込まれる企画を共に考えて提案 

VTuber業界には多くの人が集まり、たった数年で急成長している市場です。

VTuber業界が持っている多くの可能性を、まだまだ多くの人はよくわかっていません。VTuberを活用しよう、キャスティングしようと言われても、そもそも企画を立案できる人がいないのが、多くの企業やPR担当者が頭を抱える部分です。

大きなトラブルを回避するには、VTuber市場をよく知り、実際にVTuberを活用した事業を展開して企画や運用の難しさを知っている人が企画立案やVTuberのキャスティング、運用まで一貫して提案してくれる会社を選びましょう。

3.クライアントや企業が叶えたい目的・ゴールを叶えられるVTuberたちを選別

企画を運用して効果を出すにはただ人気のVTuberを起用すればいいわけではありません。

人気のVTuberを起用したからと言って、VTuber自身が商品やPR活動に興味が持てなかったり、ファン層が噛み合っていないことなど、考えることはたくさんあります。

最近のVTuberの企画では、複数人のVTuberを起用してチームのように活動してもらったり、VTuber同士のコラボなどを行うことも増えています。

また広報大使やイメージキャラクターとしての起用の場合は、キャスティングされたVTuber自身もともに企画やPRの成功を目指す一員となって活動することになります。

このようにただ人気があればいい、バズればいいというわけではなく、企画の方向性やジャンル、温度感にマッチしたVTuberをキャスティングしてもらうことがとても重要です。

4.事務所や所属の縛りを持たずに、柔軟な採用基準でVTuberを起用

みなさんがよく目にするVTuberの多くは、大手の事務所に所属している方々だと思います。

テレビCMにも起用されたさんや、大手商品メーカーの販促企画に関わるなど、まるで大手同士しかVTuberを活用した企画はできないかと思われがちです。

しかし大手事務所に所属せずに活動する人気のVTuberや、企画によっては事務所の縛りを受けずに最適なVTuberをキャスティングすることが、企画の成功を叶えるためには重要なポイントです。 

uyetでは事務所の縛りにとらわれずに、最適なVTuberさんをキャスティングできます。
また費用面でも大手にすべてを任せるよりも、企画の規模や予算に合わせた提案を行います。

VTuberを起用して一緒にPR企画・販促を行うメリット

VTuberと一緒に企画を行うメリットは、業界が盛り上がっていて注目度が高いだけではなく、VTuber自身が持つメリットやVTuberを取り巻く環境面からもメリットがあります。

ここ数年のコロナの巣ごもり需要が収まって来た中でも、右肩上がりを続けるVTuber業界が持つ更に深い魅力を知ってみましょう。

VTuberを通して多くの視聴者に商品のファンになってもらえる

VTuberにはYouTube配信やSNS投稿で交流をしている視聴者、すなわちファンのみなさんがいます。
VTuberを起用することで、不特定多数だけではなくそのVTuberのファンの方々を中心に商品やサービスを知ってもらえます。

こうしたファンマーケティング、口コミマーケティングの良いところは、「共感」から、話題が広がること。

自分が応援しているVTuberがPRしている商品をファンの方々も好きになってくれる可能性はとても高いです。自分が応援している相手と同じものを持つ嬉しさや、一緒にPRされた食品を食べる・一緒に企画を楽しむ時間や体験を共有できる。

これがVTuberと視聴者のライブ感から生まれる身近なファンコミュニケーションが、VTuber業界の盛り上がりを支え、VTuber同士でも良いものを共有しあって流行する文化もあります。

●動画配信者の間で大バズをした「スイカゲーム」VTuber界隈では大手事務所が大会も実施

動画配信者の間で大ブームになった「スイカゲーム」は、なんと大手VTuber事務所がゲーム大会を行うまでのトレンドになりました。

SNSでの話題性や目にする機会が増えるだけでも宣伝効果につながる

さらにVTuberがファンと交流する場所として、YouTube以外にもX(旧Twitter)などがあります。
SNSで商品の情報や口コミを調べて、購入を考える消費者が増えているように、多くの人が日々情報収集や何気なく眺めるSNS上で、ファンとVTuberがコミュニケーションを取り話題になることも珍しくありません。

SNSではVTuberの配信動画を見ないという方も、商品の情報をSNSからキャッチできます。

上記のデータから10代後半〜30代半ばの年代の方はSNSから商品購入に至った経験があり、VTuberのファン層の多くもこの世代に被っています。
そのためVTuberをキャスティングする企画は、過去のデータ統計から見ても多くの人の購買意欲を刺激できます。

VTuber起用の企画は話題が作りやすく、ニュースとして発信・展開しやすい

VTuberを起用した企画やキャンペーンを、近年はSNS上でも多く見かけるため、そんなに珍しくないと感じている方も少なくないでしょう。

ですが、世代を広げて見るとVTuberのことをよく知らない方や、最先端技術のある会社や、eスポーツなどの一部の業界だけで人気なだけでしょう?と、斜に構えた見方をしている人もまだまだ多いはずです。

ですが、VTuberの持つ魅力や業界の成長にいち早く気が付き、VTuberを巻き込んだ企画を推し進めた地方や企業は、大きな話題作りや注目ニュースをつくることができています。

茨城県公認のVTuber・茨ひよりさん

「茨ひより」さんは茨城県公認のVTuberで、バーチャル広報部に所属するアナウンサーのキャラクターです。

県が運営する茨城県の公式インターネット動画サイト「いばキラTV」にて、自治体初のVTuberを起用した番組制作を行うとして、2018年6月末頃に記事にて名前の公募が行われました。

自己紹介動画が投稿された2018年8月10日から現在に至るまで、定期的な活動を続けたことで、茨城県を代表するVTuberになりました。

毎年行われる「都道府県魅力度ランキング」で7年もの間最下位だった茨城県を救ったのは、彼女の日々の配信活動を通して、多くの人に茨城県の持つ魅力を多くの人に伝えられたこと。また自治体初の公認VTuberとして、注目されるニュースとなったことも追い風になったはず。
彼女の登場から、その他の地域や自治体・企業でも公認VTuberや広報大使としてのVTuber起用が広がっています。

幅広い業界・ジャンルと一緒にコラボができる新しい可能性がある

 上記の「茨木ひより」さんの例からもわかるように、一見VTuberと直接的に繋がっていなさそうな業界でもVTuberとコラボができる可能性はたくさんあります。

YouTubeという多くの人が触れられる媒体やSNSでの活動ができるため、どんな業界とも相性がよく、企画ではVTuberだけではない多くの人達を巻き込んだ、大きなPRとしての展開も見込めます。

さらに、まだその業界やジャンルでVTuberと一緒に行われた企画がないのであれば、これから生み出す企画が一番乗りになり大きな話題性・ニュース性を作れるかもしれません。

「まちスパチャプロジェクト」

VTuberが出演する漫画を作成し、地方の魅力を発信するプロジェクト。

日本のすべての市町村が自分たちだけでYouTubeチャンネルを運営したり、画期的なPR施策を行うのはとても大変なことです。しかしこのプロジェクトでは、VTuberのキャスティングや漫画・動画の作成は運営会社のuyetが行います。

  • URLをコピーしました!

VTuber活用・キャスティングは「株式会社uyet」にご相談ください!

「株式会社uyet」は、V市場に特化した事業支援、事業創造を行う専門企業。
業界情報、技術、トレンド、コンテンツなどの移り変わりが激しいV業界の最新情報を捉え業界にフィットする形でプロジェクトを推進していくV業界特化の専門集団です。

↓VTuber業界の最前線で活動しています!↓

目次