4/24(水)19:00からVTuberマーケティング解説ウェビナー開催!《詳しくはこちらをクリック》

VTuberマーケティングで生まれる「UGC」の影響力と投稿を促す方法を解説!

VTuberマーケティングを行う際に重要なコンテンツである「UGC(ユーザー生成コンテンツ)」

この記事を見ているみなさんは、SNSマーケティングを行う上でUGCの影響力の高さを知っており、どうしたらポジティブなUGCをたくさん生成できるのか知りたい方が多いのではないかと思います。

株式会社uyetではさまざまな企業様・自治体様とともに企画や事業を行っています。その知見を活かして、今回はVTuberマーケティングでUGCをたくさん生み出すための方法を紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

UGC(ユーザー生成コンテンツ)とは

「UGC(ユーザー生成コンテンツ)」は「User Generated Content」の略称であり、商品・サービスの提供者である企業や自治体側ではなく、消費者側(ユーザー)から商品・サービスなどに関する制作や発信が行われたコンテンツのことです。

《UGCの例

・X(旧:Twitter)への投稿
・Instagramへの投稿
・ブログ記事での紹介
・YouTube動画での紹介
・ECサイトの商品レビュー
など

VTuberの発信するコンテンツは、視聴ユーザーと同じ時間を共有して楽しむライブ配信コンテンツが中心です。配信中や狙ったタイミングで反応や配信実況・口コミをはじめとしたユーザー発信のコンテンツが集中的に増えます。

そのため、VTuberの活動は仕組みそのものがUGCを創造しやすい環境であり、VTuberを活用した企画やマーケティングを考える場合には、UGCから生まれる高価や影響を最大化できる設計を考える必要があります。

UGCと関連したマーケティング用語も知っておくと、どのコンテンツを増やすことが自社に必要なのか考えやすくなるかもしれません。

《番外編

◻︎IGC:
「Influencer Generated Content(インフルエンサー生成コンテンツ)」の略称。
企業・自治体から案件を依頼されたインフルエンサーによって生み出される商品・サービスなどに関連したコンテンツです。
ユーザーによって自発的に投稿されるUGCと異なり、IGCは多くの場合は企業・自治体側の依頼で制作されています。 

◻︎CGM:
「Consumer Generated Media(カスタマー生成メディア)」の略称。ユーザーによって投稿される情報で作られるWebサービスのことを指します。CGMの例としては、Q&Aサイト、化粧品の口コミサイト、レシピ投稿サイト、グルメサイト、イラスト投稿サイトなどが該当します。

マーケティングでUGCが大切な理由

VTuberマーケティングは「SNSマーケティング(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」の一つであり、「SNSマーケティング」は言葉の通りYouTubeやX(旧:Twitter)などのSNSを使って商品やサービスが売れる仕組みを作ることを指します。

「SNSマーケティング」が、なぜ注目がされているのかをまずは解説させていただき、その上でUGCの重要性についてお話させていただきます。

なぜSNSマーケティングが注目されているのか?

「SNSマーケティング」は注目されているマーケティング手法であり、多くの企業や自治体などが当たり前のように取り組んでいます。その理由は「SNSマーケティング」が注目される最大の理由は「スマホ普及率・SNS利用率の増加」です。

これまでは企業・自治体では、テレビや新聞紙、雑誌、街中の広告などを利用し、商品やサービスのPRを行ってきました。

そんな中で十数年前にスマホが普及して多くの人がスマホを保有するようになり、またスマホの普及によってインターネットの利用者が増加。今では、若者世代を中心にほとんどが利用しています。

またそれまでは「Yahoo!」や「Google」などの検索を利用して情報を得ていた若者世代がSNSを利用するようになり、SNSで検索をして情報を得るのが当たり前の時代となりました。

画像引用:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/230529_1.pdf

SNSの利用量が増加し、若者世代は今や「SNS」で情報をキャッチするようになりました。
(例えば飲食店を決める時にInstagramを利用したり、行きたいと思っているイベントの評判を知りたくてXで検索をかけるなど)

よって、消費者の購買行動としてこれまでテレビCMを見て購入する商品やサービスを決めていたものが、ここ数年はSNSで情報を回収して商品・サービスを購入する流れになってきたことで「SNSマーケティング」が注目されるようになりました。

口コミが購買の決め手になるため”UGC”の重要性は高

ユーザーのSNSへの投稿やインターネット上での口コミをはじめとするUGCは、商品・サービスのPRを行う上で非常に重要なコンテンツになってきます。YOTPO社による調査結果では、商品を購入する前にUGCを見るという人の割合は「2人に1人」だと言われており、UGCの影響力はとても高いです。
(参考:https://www.yotpo.jp/what-is-ugc

UGCは企業と利害関係のない消費者から生まれるコンテンツであるため、消費者から信頼を得やすいというメリットがあります。企業が作る広告は商品やサービスの良い面を押し出すものが多い傾向がある一方で、第三者の消費者によるUGCでは商品を利用した率直な感想が発信されます。

よって、UGCは企業が出している広告よりも信頼度が高く、近年はインターネット上で簡単に口コミやレビューを投稿できるようになったことから、UGCの需要性はかなり高くなっていると言えるでしょう。

特に若者世代はUGCの影響を受けやすいと言われています。ビデオリサーチ社が発表したデータより、特に10代〜20代を対象とした「Z世代」がSNSを参考にして商品を購入していることがわかっています。

画像引用:https://c.kodansha.net/news/detail/39918/

よって、VTuberのファン層である若者世代はUGCの影響を受けやすい世代であり「SNSマーケティング」と「VTuber」は相性抜群であることがわかります。

UGCが出やすい・出にくい商材とは?

多くのUGCを生成することを目標とする場合、UGCが出やすい・出にくい商材を理解しておく必要があります。

<UGCが出やすい商材>

① 人に勧めやすい商材
② 有形商材
③ 絵になりやすい商材(写真・動画映えがしやすい商材)

例えば、UGCの出やすい商材は「食」や「ゲーム」、「コスメ」、「アパレル」、「本」などが挙げられます。

どれも日常会話で話題にしやすく、人に勧めやすい商材であることがわかりますよね。また有形商材であることが重要で、写真や動画にしやすい商材というのはUGCとして投稿がされやすいです。

また有形商材かつ写真や動画で撮影したい際に映えやすい商材であると、UGCは投稿されやすいです。

<UGCが出にくい商材>

① 日常会話で話題に出しにくい商材
② 無形商材
③ 情緒的価値が薄い商材

その一方で、UGCが出にくい商材として「ゴミ袋」や「乾電池」がよく例に挙げられますが、日常会話で「ゴミ袋」や「乾電池」が話題に出ることはかなり少なく、「ゴミ袋」や「乾電池」は「情緒的価値」が薄い商材であることから、UGCが出にくい商材になります。

また「コンプレックス商材」も日常会話で話題にしにくい商材であることから、UGCが出にくい商材としてよく挙げられます。

※情緒的価値:商品やサービスを購入、利用、所有することによって得られる幸福感や優越感、ワクワクする感覚

VTuberを絡めると相性が悪い商材でも十分宣伝ができる可能性もある

UGCが出にくい商材であったとしてもVTuberマーケティングが使えないということではありません。UGCの出やすい商材であったとしてもVTuberマーケティングと相性の悪いジャンルもあります。

◻︎VTuberマーケティングに向いているジャンル
ゲーム、PC周辺機器、漫画、アニメ など

VTuberマーケティングに向いているジャンルに向いているジャンルとしては、1番にゲームが挙げられます。
実際にゲーム実況を武器に活動を行っているVTuberがたくさんいること、VTuberファンは比較的ゲームを好んでいる人が多いことから、「ゲーム」はとても相性の良いジャンルです。また同様の理由で「アニメ」「漫画」も相性の良いジャンルと言えるでしょう。

◻︎VTuberマーケティングに向いていないジャンル
食、化粧品、アパレル、スポーツ、旅行 など

一方でVTuberマーケティングにあまり向いていないジャンルもあります。
「食」「化粧品」「アパレル」といった話題になりやすく、写真映えや動画映えしやすいジャンルであることから、SNSなどでUGCが投稿されやすい、つまりSNSマーケティングを行う上ではとても相性が良いジャンルと言えます。

しかしVTuberマーケティングを行う上では「食」「化粧品」「アパレル」はとても不向きなジャンルです。
理由としては、VTuberはあくまでも画面上のデジタルキャラクターであり、YouTubeやXでもデジタルの姿で活動を行っていることからYouTubeやXに商品を載せることが難しいという点が挙げられます。

よって「食」「化粧品」「アパレル」などの場合は、商品をPRのために実物を写真や動画に映すことが難しく、VTuberマーケティングを行う上で不向きな商材と言えるでしょう。

⚫︎不向きな商材を扱いながらPRに成功した事例「バーチャル物産展」

そんな中で「バーチャル物産展」では「食」のPRを行っています。実物の写真を動画や写真に映すことが難しい分、「食レポ」で商品の魅力をお伝えしております。
「食レポ」はVTuberのトークスキルが高いからこそできるPR方法であり、VTuberマーケティングの不向きな「食」の商品販促に成功しています。

UGCを創造・投稿させるVTuberマーケティングの方法を解説

では、次に企業に効果的なUGCを投稿していただくための「VTuberマーケティング」の方法について解説させていただきます。

「UGC」の種類について

UGCを生成させる企画を考えていく上でまず考えたいのは「UGC」の種類です。ここで考えるのはUGCが「誰から投稿されたのか」です。投稿元は誰なのかで分類を行うとUGCの種類は2つあります。

① インフルエンサー(VTuber)によるUGC
② ユーザーによるUGC

VTuberマーケティングを行う場合、起用VTuberによる投稿も「UGC」になります。ただ起用VTuberによる投稿の中でも、依頼主側でUGCの内容を設計してして起用VTuberに投稿を行わせた場合はUGCに含まれないことになります。

⚪︎UGCである投稿

  • URLをコピーしました!

VTuber活用・キャスティングは「株式会社uyet」にご相談ください!

「株式会社uyet」は、V市場に特化した事業支援、事業創造を行う専門企業。
業界情報、技術、トレンド、コンテンツなどの移り変わりが激しいV業界の最新情報を捉え業界にフィットする形でプロジェクトを推進していくV業界特化の専門集団です。

↓VTuber業界の最前線で活動しています!↓

目次