VTuberに詳しくなれる!企業・自治体向け無料ウェビナー定期開催中!《詳しくはこちら》

マーケティング活用するなら“YouTuber”と“VTuber”どっち?成功事例や活用メリットも紹介!

今流行りのインフルエンサーマーケティングでは、現在さまざまなタレントが活用されています。
インフルエンサーと聞いて最初に思いつくのは、「YouTuber」や「インスタグラマー」ではないかと思います。

YouTuberやインスタグラマーにPRを実施してもらい、企業から販売される商品やサービスをPRするというやり方が主流ですが、最近はVTuberを活用したインフルエンサーマーケティングを実施する企業も多々見受けられます。

今回の記事では、YouTubeをメインの活動場所とするYouTuberとVTuberをインフルエンサーマーケティングで活用した際、どういった違いがあるのか。

またYouTuberとVTuberを活用してインフルエンサーマーケティングを行った場合をそれぞれ比較して、各々にどういったメリットや特徴があるのか解説いたします。

インフルエンサーマーケティングを実施したいと思っている企業や自治体の方におすすめの記事になっております。
この記事を読んで、自社はYouTuberを選ぶべきなのか、それともVTuberを選ぶべきなのかについて考えてみてください。

目次

“インフルエンサーマーケティング“とは

まずはインフルエンサーマーケティングについて解説させていただきます。

インフルエンサーとは、「世間に大きな影響力を与える人」のことを指します。
これまではインフルエンサーとして、芸能人やモデルの方が例としてよく挙げられましたが、近年はYouTuberやインスタグラマーなどたくさんの人に影響を与える一般人も対象に挙げられるようになりました。

インフルエンサーマーケティングは、そういった「インフルエンサーを活用してマーケティングを行う」方法です。
SNSが発達したことやPR案件が世の中に、SNS上にも多く溢れていることから、ユーザーはより一般人に近い存在の口コミを信じるようになっています。

よって、有名な芸能人の商品レビューよりも、より自分に近い存在であるインフルエンサーのレビュー需要が高まっていることで、一般人に近い存在であるインフルエンサーたちを活用したインフルエンサーマーケティングが注目されています。

⚫︎インフルエンサー:世間に大きな影響力を与える人
⚫︎インフルエンサーマーケティング:インフルエンサーを活用してマーケティングを行う

YouTuberを活用したマーケティング

YouTuberを活用したインフルエンサーマーケティングは、YouTuberに商品・サービスのPRを依頼し、YouTube上で投稿される動画や生配信、XやInstagramでの投稿の中で商品・サービスのPRを行うことを指します。

YouTuberとは、YouTubeにて動画投稿や配信などの活動を行っている人のことを指します。例としてヒカキンやはじめしゃちょー、コムドットやばんばんざいなどが挙げられます。

多くの場合、動画内で実際に商品を使用したり、サービスを受けたりして商品レビューを行います。

YouTuberを活用したインフルエンサーマーケティングの例

⚫︎TANPがYouTuberを活用してPRを行った事例

VTuberを活用したマーケティング


現在、多くの企業や自治体、行政からも注目されはじめているのは、この数年で市場が急成長している「VTuber」を活用したマーケティングです。

VTuberとは、バーチャルキャラクターに扮して生配信や動画投稿などの活動を行っている方のことを指します。例として宝鐘マリンや兎田ぺこら、葛葉や月ノ美兎などが挙げられます

VTuberを活用したインフルエンサーマーケティングは、VTuberに商品・サービスのPRを依頼し、YouTube上で実施される生配信や投稿される動画、XやInstagramでの投稿の中で商品・サービスのPRを行うことを指します。

VTuberはデジタルキャラクターの姿で活動を行っているため、配信画面上で実際の商品を映しながらPRを行うことが難しいという側面はあります。しかし、生配信の中で写真を映したり工夫を行いながら、商品・サービスの魅力を発信します。

VTuberを活用したインフルエンサーマーケティング

⚫︎新日本製薬株式会社がVTuberを活用してPRを行った事例

YouTuberとVTuberを活用したマーケティングの違いを比較

YouTuberとVTuberを活用したマーケティングの違いについて解説します。
両者の違いは大きく分けて3つあります。

① 起用するタレントが異なる

YouTuberとVTuberを活用したインフルエンサーマーケティングは、起用するタレントが異なります。YouTuberは人間のタレントであり、VTuberはデジタルキャラクターの姿で活動しているタレントであるため、起用するタレントの性質が全く違います。

② 動画型、配信型

YouTuberはYouTubeでの動画投稿をメインに活動していますが、VTuberは生配信をメインに活動しています。よって、インフルエンサーマーケティングを行う際に商品やサービスが紹介される形式が異なります。

③ PR形式が異なる

YouTuberは人間であるため、動画内で実物を映しやすく、そのまま映し出して商品を紹介することができます。VTuberはデジタルキャラクターの姿で活動しているため、基本的に商品を配信画面上で映すことが難しくなってきます。よって、写真を使用したりして工夫を凝らしPRを行っていることが多いです。

インフルエンサーマーケティングの成功事例

次にインフルエンサーマーケティングの成功事例をご紹介します。YouTuberとVTuberを活用した場合のインフルエンサーマーケティングの事例を取り上げます。

”YouTuber”活用マーケティングの成功事例

<成功事例>

① SHEIN

​​

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア歓迎!一人でも多くのVTuberへ情報を届けよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

VTuber活用・キャスティングは「株式会社uyet」にご相談ください!

「株式会社uyet」は、V市場に特化した事業支援、事業創造を行う専門企業。
業界情報、技術、トレンド、コンテンツなどの移り変わりが激しいV業界の最新情報を捉え業界にフィットする形でプロジェクトを推進していくV業界特化の専門集団です。

↓VTuber業界の最前線で活動しています!↓

目次